ホームお知らせ似顔絵アイデア活用術 1.似顔絵名刺(表)編
お知らせ

似顔絵活用術

似顔絵名刺を、無料ソフトを使って作ってみよう!

用意するもの

○似顔絵データ(pngもしくはjpeg形式)
名刺用紙
○名刺デザインソフト(使い慣れたもの)


※名刺用紙に対応した無料のデザインソフトを利用すると、素材や印刷の位置合わせが簡単です。
エレコム「らくちんプリント2.0」
エーワンの「ラベル屋さん.com」


1.名刺のテキストの位置を決めます

まず名刺を3分割します。


2.会社情報(文字)を入力します

上に会社名

中に名前・肩書

下に「住所・電話番号・携帯・FAX・Eメール・HPアドレス」など会社情報を入れます

※フォントを多用すると見ずらくなるので、同じフォントの「ノーマル」「太字」で変化をつけるようにしましょう。
※名刺を渡す相手が、年配の方が多い場合、老眼を考慮して文字を大きくして下さい。
 とくに電話番号は大きく見やすく!(10pt以上・ゴシック体推奨)


3.似顔絵を配置します

似顔絵は名前の右側に配置すると、顔と名前の両方が目に入るから、覚えやすくなります。





※似顔絵データ(画像、もしくはオブジェクト)の挿入については、お使いのソフトのマニュアルを参照ください。


4.背景の色・ラインを入れる

色使いが派手だと、ポイントがしぼられずに見にくい名刺になるので、メインカラー1色+サブカラー1色でまとめるのがポイントです。

ロゴマークや会社のイメージカラーがある場合、ロゴの色に合わせた色を使うとまとまりやすくなります。

※似顔絵自体が派手なので、名刺に色をあまり使わない方がシンプルにまとまります。

※似顔絵データの「背景を透明にしてほしい」(PNGの透過処理)場合、プラス1,000円にて承ります。お気軽にメールにてお申し付けください。


5.印刷

名刺用紙の位置を合わせて、印刷して出来上がり。



次回は、第2回 名刺の裏面を制作しよう!です

シルクでも似顔絵名刺の制作を承っております。あなたの魅力を、イラストにして表現します。

イラストいっぱい、こだわり似顔絵名刺のページをご覧ください。



ページTOPへ
お問合せ/注文フォーム
お見積もり請求
お問合せ